にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 本当に本当にお久しぶりデス☆ | トップページ | 中学受験のこと② 受験は向かないが中高一貫校には向いている »

2017年12月 7日 (木)

中学受験のこと① 学校が合っている

Img_3507_3なかなか書く時間が無いまま12月になってしまいましたが、少しずつ昨年度の中学受験のことを書いていこうと思います。

受験のことはいろいろありすぎて、とても1回や2回の記事では終わりません。
思いついたことを纏りなくちょこちょこ更新しますので、興味の無い方はスルーしてくださいね。

いろんな葛藤がありましたが、結論から言うと中学受験をさせて本当によかったと思っています。

今通っている学校は私立の中高一貫校で、実は第2志望だった学校です。
あんなに入りたかった第1志望校には残念ながら縁が無く、同レベルの第2志望校に受け入れられたのは、たぶんこの学校がウチの子に合っているからなんでしょう。

学校が合っている、いちばんにそう感じたのは、
小学校2年生くらいからずっと食べるとお腹が痛くなるタイプで、受験期には過敏性腸症候群(だろう)と診断されていた子なのに、中学校に入ったとたんに「お腹痛い」を全く言わなくなったこと。

苦手だった給食がお弁当になったことで気がラクになったというのもあるかもしれませんが、その気楽さは給食だけでなく、学校のいろいろな部分に感じられます。

例えば、運動会などの行事では何ヶ月も前から練習したり、連帯責任的チームワークを要求されたりしないことです。
そういう苦手部分をムリして克服しなければならないということは、もうなくなったと思います。

また、学校が生活圏内にないことで、「学校」「家」の区別が明確で、学校を出たらお友だちとはさようならなので、オン・オフの切り替えが容易なこと。
万が一、学校で嫌なことがあったとしても、家に帰ればホッとするし、その逆はあってほしくないけれど、これも一緒だと思います。

正直、私自身も ものすごく気楽になりました。

女性は主婦や母親になると、突然 家の周りが社会と一体になって、オン・オフが曖昧になると思います。
以前私も、ご近所付き合い、町内会、子ども会、学校の付き合い・・・これらがすべて生活圏内にあって、常に気を遣って生きていなければならなくて、その時は心が健康ではありませんでした。

でも、今はストレスらしいストレスがありません。
中学校入学後に引越ししたのもよかったのかもしれません。

それから、私がびっくりだったのは、遠足や課外授業が現地集合だったり、解散はやることが終わった人から帰るとか・・・それ以外にもいろんな面で学校の自由度が高いこと。
水筒の中身まで指定されていた小学校時代とは大違いで、最初は戸惑ったほどです。

小さなことですが、上履きがない、ということもとても気がラクです。
私だけかもしれませんが、私が出たような公立小中高の玄関に置かれた大きな下駄箱は、さあ、ここからは規律正しい生活ですよ~という線引きみたいに感じられて、妙に気が重くなりました。
今は上履きがないので、なんとなく大学のような自由なフィールドで私にとって心地よいのです。

ここに来て初めて、今までがどれほど窮屈だったのかということが分かります。
それは子どもにとっても、自分にとってもです。

そんなこんなで、12月の今まで、今年は欠席も遅刻もゼロです。
こんなことは今までありませんでしたconfident


つづく

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

« 本当に本当にお久しぶりデス☆ | トップページ | 中学受験のこと② 受験は向かないが中高一貫校には向いている »

中学受験」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。皆さんお元気そうで何よりです。
大変な受験勉強を乗り越えた甲斐があって、本当に良かったですね。
運動会や文化祭の「連帯責任的チームワークを要求」・・・中学ではまさに要求されがち。
強制されないそんな学校があるんですねーhappy01
 
ウチは、正式にADHDの診断下されたおかげで、来年度から支援授業と支援員付けていただけるようになりましたhappy01
その件でスクールカウンセラーの人と話していて、「その子に必要な支援と、学校の方針があっていれば、意外と発達障害と気づかれないで過ごせるんですよ」って言われました。
出来たら、多くの子供や大人も、そんな風に過ごせたらいいのにな・とは思います。

xmasアールグレイさん

コメントありがとうございますhappy01

そうなんです・・・これから書こうと思っていますが、現在の学校は先生も個性的で、「こうでなければならない」ような窮屈感がほとんどありません。

アールグレイさんのお子さんも支援を受け始めたのですねwink
カウンセラーさんにいろいろお話してその子に合った教育を求めていくのは本当に大事だと思いますgoodshine
周りとのバランスの取り方などで私もいろいろ葛藤しましたが、こういうことが当たり前にできる世の中だったらいいのになぁ・・・と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1870650/72391994

この記事へのトラックバック一覧です: 中学受験のこと① 学校が合っている:

« 本当に本当にお久しぶりデス☆ | トップページ | 中学受験のこと② 受験は向かないが中高一貫校には向いている »